医療事務のおすすめ資格と難易度の一覧

医療事務の資格には様々なものがあり、就きたい仕事によって取得を目指す資格が変わってきます。

これから医療事務の勉強を始めようと思っている方のために、病院や歯科で働く医療事務、調剤薬局事務、医療秘書、医事OAなど、ジャンル別におすすめの資格とその難易度を紹介します。

医療事務の資格の難易度とおすすめ度

診療報酬請求事務能力認定試験(医科・歯科)

受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明医療事務の最高峰といわれている資格です。かなり難易度が高いですが、資格の信頼度も抜群です。
関連記事診療報酬請求事務能力認定試験の概要と合格率

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)

受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明診療報酬請求事務能力認定試験と同じく知名度が高い資格。合格者には「メディカルクラーク」の称号付与。
関連記事医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の概要と合格率

医療事務管理士技能認定試験(医科・歯科)

受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明日本で一番古い医療事務の認定試験です。合格者には「医療事務管理士」の称号が付与されます。
関連記事医療事務管理士技能認定試験の概要と合格率

医科2級医療事務実務能力認定試験

受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明全国医療福祉教育協会が主催する医療事務の資格試験。腕だめしにちょうどよい試験かもしれません。

保険請求事務技能検定試験

受験資格あり
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明日本医療事務協会が30年にわたり実施している資格試験。同協会の講座を修了すれば受験できます。

医療保険請求事務者認定試験

受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明主に神戸を中心とした近畿地方で実施されている試験です。

医事管理士資格認定試験

受験資格あり
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明日本病院管理教育協会が指定する教育指定校に通学し、規定の科目を履修することで受けられる試験。

医療保険士

受験資格あり
おすすめ度
おすすめ度
難易度非公表
説明難易度は非公表ですが、通信講座を経て受験できる資格なので、比較的易しい試験だと思います。
通信講座ヒューマンアカデミー

調剤薬局事務の資格の難易度とおすすめ度

調剤報酬請求事務専門士検定試験

調剤報酬請求事務専門士検定試験
受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明調剤薬局事務の資格の中で一番知名度と信頼度がある資格。合格者には「専門士」の称号付与。
関連記事調剤報酬請求事務専門士検定試験の概要と合格率

調剤事務管理士技能認定試験

受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明調剤報酬請求事務のスキルを証明するための資格です。合格者には「調剤事務管理士」の称号が付与されます。
関連記事調剤事務管理士技能認定試験の概要と合格率

調剤報酬請求事務技能認定

受験資格あり
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明主催する財団法人日本医療教育財団が承認している教育機関で、修了試験に合格し団体に申請すれば技能認定です。
関連記事調剤報酬請求事務技能認定の概要と合格率

医療保険調剤報酬事務士

受験資格あり
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明難易度は非公表ですが、通信講座を経て受験できる資格なので、比較的易しい試験だと思います
通信講座ヒューマンアカデミー

調剤薬局事務者

受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明主に神戸を中心とした近畿地方で実施されている試験です。

秘書事務の資格の難易度とおすすめ度

医療秘書技能検定試験

受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明医療秘書の質的向上を目的に作られた資格試験。1級は特に難易度が高くなっています。
関連記事医療秘書技能検定試験の概要と合格率

2級医療秘書実務能力認定試験

受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明医療秘書の資格の中でも数少ない、受験資格を必要としない試験。最初の足がかりにおすすめです。
関連記事2級医療秘書実務能力認定試験の概要と合格率

医療事務作業補助技能認定試験 (ドクタークラーク)

受験資格あり
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明医療事務作業補助業務の資格の中では一番だと思います。職種としても大きい病院でまだまだ需要があります。
関連記事医療事務作業補助技能認定試験 (ドクタークラーク)の概要と合格率

認定医師秘書試験

受験資格あり
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明医療事務作業補助業務の資格です。ドクタークラークと同じように受験資格が設けられています。
通信講座ヒューマンアカデミー

日本医師会医療秘書認定試験

受験資格あり
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明1983年から実施されている歴史ある試験。受験するには、日本医師会が認めている養成機関を修了している必要があります。

医療管理秘書士試験

医療管理秘書士試験
受験資格あり
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明受験するには指定校に通学・履修する必要があります。合格者は「医療管理秘書士」の称号が付与されます。

ドクターズオフィスワークアシスト検定試験

ドクターズオフィスワークアシスト検定試験
受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明2010年に開始された、比較的新しい資格試験。ソラストが対応する講座を開いています。

医事OAの資格の難易度とおすすめ度

医事コンピューター技能検定試験

医事コンピューター技能検定試験
受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明医事コンピュータによるレセプト作成能力を審査する試験。受験資格もなく医事OAの資格で一番おすすめです。
関連記事医事コンピューター技能検定試験の概要と合格率

医事オペレータ技能検定試験

医事オペレータ技能検定試験
受験資格あり
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明受験資格は、指定の教育機関履修者もしくは医事コンピュータの実務経験1年以上の者。合格者は「メディカルオペレータ」の称号付与。
通信講座ニチイまなびネット

医療事務OA実務能力認定試験

受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明試験には国内で最も普及している「医事NaviⅢ」という教育用医療事務ソフトを使って行います。

医事情報システムオペレーター2級

受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明主に神戸を中心とした近畿地方で実施されている試験です。

電子カルテオペレーション実務能力認定試験

電子カルテオペレーション実務能力認定試験
受験資格特になし
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明電子カルテの実務に必要なオペレーションスキルを判断するための試験。「C&C電子カルテシステム」というソフトを使用します。

診療情報管理の資格の難易度とおすすめ度

診療情報管理士認定試験

診療情報管理士認定試験
受験資格あり
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明受験資格は、主催団体の通信教育修了者もしくは指定の大学・専門学校の卒業者。

病歴記録管理士資格認定試験

病歴記録管理士資格認定試験
受験資格あり
おすすめ度おすすめ度
難易度難易度
説明指定校通学が受験資格の条件。合格者には「病歴記録管理士」の称号が付与されます。

通信・通学講座の一括資料請求